パーソナルツール
現在の場所: ホーム plone 基本 プロダクトの追加・削除
書いた本
Plone 完全活用ガイド の Chapter 1, 2, 3, 11 を執筆しました。
plone のインストール、使い方から、機能・デザインのカスタマイズ、プロダクトの作り方まで、 plone のすべてがぎゅっと詰まっている書籍になっていると思います。
plone に興味がある人から、すでに使いこなしている方まで、ぜひ読んでみてください。
Plone 完全活用ガイドのサポートページ
ナビゲーション

 
文書操作

プロダクトの追加・削除

作成者 takanori 最終変更日時 2005年01月13日 15時58分

plone用に色々有益なプロダクトが公開されています。ここでは、そのプロダクトを自分のploneサイトに追加・削除する方法を説明します。

ここでは、plone(CMF)用のプロダクトをploneサイトに追加・削除する手順について説明します。

プロダクトの追加

新しいプロダクトを追加する場合は、Zopeへのプロダクトの追加 の手順に従って「インストール」→「Zopeサーバの再起動」を行ないます。 そして、新しいプロダクトをZopeサーバが認識した後に、以下の手順で plone サイトに追加する必要があります。

  1. 管理ユーザでPloneサイトにアクセスした状態で、ploneの設定 をクリックします。

    Select plone control panel

  2. Ploneの設定画面が表示されるので、プロダクツを追加・削除 をクリックします。

    Select install producsts

  3. すると、プロダクツを追加・削除画面が表示されます。

    この画面にはploneサイトにインストール・アンインストール可能なプロダクトの一覧が表示されます。ここでは、EpozPloneErrorReporting をインストールするため、インストールしたいプロダクトのチェックボックスをチェックし インストール ボタンをクリックします。

    Execute install producsts

    ここで、インストール可能なプロダクトの説明を参照することもできます。

  4. 正常にインストールすると、以下のようにインストール済みのプロダクトとして表示されます。この状態で、これらのプロダクトを ploneサイトで使用できるようになります。

    installed producst list

    ここで、インストール時のログを参照することもできます。

プロダクトの削除

インストールしたプロダクトを使用しないのでアンインストールすることも可能です。方法は簡単で、アンインストールしたいプロダクトをチェックして、'アンインストール'ボタンをクリックするだけです。

Execute uninstall producsts

アンインストールに成功すると、以下のように表示が変わります。

uninstalled producst list

プロダクトのアップグレード

すでにインストール済みのプロダクトの新しいバージョンをインストールする場合、ファイルを再度インストールしなおして、Zopeサーバを再起動します。

その後、プロダクツを追加・削除画面にアクセスします。すると、このプロダクトは改訂版が出ています。再インストールはここをクリックします という風に表示されるので、ここをクリックします。

Execute upgrade product

正常にアップグレードが終了すると、(この例では)ZWikiのバージョンが 0-36-0 から 0-37-0 に上がっています。

upgraded product

このように、ploneサイト上でのプロダクトの管理は上記の管理画面から行ないます。


Powered by vine linux, python, zope, plone, coreblog