パーソナルツール
現在の場所: ホーム plone 基本 構造化テキスト
書いた本
Plone 完全活用ガイド の Chapter 1, 2, 3, 11 を執筆しました。
plone のインストール、使い方から、機能・デザインのカスタマイズ、プロダクトの作り方まで、 plone のすべてがぎゅっと詰まっている書籍になっていると思います。
plone に興味がある人から、すでに使いこなしている方まで、ぜひ読んでみてください。
Plone 完全活用ガイドのサポートページ
ナビゲーション

 
文書操作

構造化テキスト

作成者 takanori 最終変更日時 2006年06月01日 19時09分

文書などを記述するときに、HTMLやプレーンテキスト以外に「構造化テキスト」という聞きなれないフォーマットで記述することができます。この「構造化テキスト」での記述方法を覚えると、少ない労力で読みやすい文書を作成することができるので、おすすめです。

ここでは、文書、ニュース記事をテキストで記述してHTMLで表示するための、構造化テキストの書き方について説明します。

目次をみると結構たくさん構造化テキストの書き方がありますが、とりえあずはこれだけ覚えておけば十分だと思います。あとは必要に応じて覚えていくか、表を書きたいときはその部分だけHTMLで記述するなどして対処すればよいと思います。

目次

  1. 文書構造[struct]
  2. テキストへの意味付け[mark]
  3. リスト[list]
    • リスト[ul]
    • 番号つきリスト[ol]
    • 定義リスト[dl]
  4. リンク[link]
  5. その他[other]

1_文書構造[struct]

段落[p]

同じ深さで、空行を一行入れると段落になります。 HTMLの <p> タグで囲まれます。

書き方:

      一つ目の段落。
      改行しただけでは、段落はわかれない。

      二つ目の段落

見出し[headings]

一行で書かれた文章は、それに続いて字下げされた段落があることによって、見出しになります。見出しの大きさは字下げの深さによって決まります。 見出しはHTMLの <h1><h6> タグで表現されます。

また、字下げには半角空白のみが使用できます。全角空白を使用しても字下げされているとは認識されないので注意してください。

書き方:

      見出しレベル1

        段落1
        段落1

        見出しレベル2

          段落2
          段落2

2_テキストへの意味付け[mean]

強調[strong]

文字列を * で囲むと強調 <em> で、** で囲むとさらに強い強調 <strong> で表現されます。

例:

これは 強調 です。 これは さらに強い強調 です。

書き方:

      これは *強調* です。
      これは **さらに強い強調** です。

下線[u]

文字列を _ で囲むと、アンダーライン(HTMLの <u> タグ)で表現します。

例:

これは アンダーライン です。

書き方:

      これは _アンダーライン_ です。

コード[code]

文字列を ' で囲むと、HTMLの <code> タグで表現します。また、<, >, & 等の文字は正しくエスケープされます。

例:

variables = &variables

書き方:

      variables = '&variables'

3_リスト[list]

リスト[ul]

行の先頭に * , - , o 等を記述することにより、 <ul> で表現されます。

例:

  • Zope
  • CMF
    • CMF Photo
    • CMF Forum
  • Plone

書き方:

      - Zope

      - CMF

        - CMF Photo

        - CMF Forum

      * Plone

番号つきリスト[ol]

先頭の文字を半角の数字や英字で記述することにより、番号つきのリスト <ol> で表現されます。 また、数字や英字の実際の値とは関係なく、先頭から数字がふられます。

例:

  1. Zope
  2. CMF
    1. CMF Photo
    2. CMF Forum
  3. Plone

書き方:

      1.Zope

      A.CMF

        B.CMF Photo

        a.CMF Forum

      5 Plone

定義リスト[dl]

定義部分となる文字列と、説明を -- でつなぐと、 <dl> で表現されます。

例:

Emacs
Editting MACroS
Mule
MUltiLingual Enhancement to GNU Emacs
Meadow
Multilingual Enhancement to gnu Emacs with ADvantages Over Windows

書き方:

      Emacs
      -- Editting MACroS

      Mule --
      MUltiLingual Enhancement to GNU Emacs

      Meadow -- Multilingual Enhancement to gnu Emacs
        with ADvantages Over Windows

4_リンク[link]

リンク[ahref]

リンクは対象とる文字列を " で囲み、 : に続いてリンクの対象となるURLを記述します。 URLには当然絶対パス、相対パス、mailto:等も記述できます。

また、例を見てわかるとおり、内部リンク以外へのリンクの場合はリンクの種類を表すアイコンが付いて、わかりやすくなっています。

例:

書き方:

      - "一つ上の階層への相対パス(内部リンク)":../

      - "朝日.com(外部リンク)":http://www.asahi.com

      - "メールはこちら(mailto)":mailto:takanori@csk-inet.or.jp

      - "Firefox(ftp)":ftp://ftp.mozilla.org/pub/mozilla.org/firefox/

名前付け[aname]

[] で囲むことによって、この文章の目次のようなページ内リンクを作成することができます。 参照先となるアンカーは .. [] で同じ文字列を囲みます。

例:

Zope[footnote] を使ってこのサイトは構築されています。

[footnote] Z Object Publishing Environment

書き方:

      Zope[note] を使ってこのサイトは構築されています。

      .. [note] Z Object Publishing Environment

画像[img]

インラインで画像を表示する <img> タグで表現されます。 '"' で囲った部分が alt に指定されますが、日本語は使用できないようです。

例:

Mozilla Firefox

      "Mozilla Firefox":img:http://www.mozilla.org/images/product-firefox.png

5_その他[other]

テーブル[table]

表を作る場合は、桁数をそろえてカラムを | で分割し、行を |-----||======| で分割します。

例:

Browser

version

URL

Firefox

0.10.1

http://www.mozilla.org/products/firefox/

MSIE

6.0

http://www.microsoft.com/

Opera

7.53

http://opera.livedoor.com/

書き方:

     |-----------------------------------------------------------|
     |Browser|version   |URL                                     |
     |===========================================================|
     |Firefox|**0.10.1**|http://www.mozilla.org/products/firefox/|
     |-----------------------------------------------------------|
     |MSIE   |**6.0**   |http://www.microsoft.com/               |
     |-----------------------------------------------------------|
     |Opera  |**7.53**  |http://opera.livedoor.com/              |
     |-----------------------------------------------------------|

整形済テキスト[pre]

整形済テキスト <pre> は行の最後が '::' で終わり、字下げした段落が続くとその段落は整形済テキストとして表現されます。 また、整形済テキストの中では、リスト等の構造化テキストの表現は無視され、'<', '>', & も自動的にエスケープされます。

例:

ここから下は整形済みテキスト:

      - <a href="URL">URL</a>
      改行もそのまま改行になります。

      - 箇条書きのつもり

書き方:

      ここから下は整形済みテキスト::

        - <a href="URL">URL</a>
        改行もそのまま改行になります。

        - 箇条書きのつもり

HTMLタグ[html]

HTMLタグを挿入したい場合は、そのままタグを記述すれば表示されます。

例:

打ち消し線
青い文字

書き方:

      <strike> _打ち消し線_ </strike><br />
      <font color="blue">青い文字</font>


Powered by vine linux, python, zope, plone, coreblog