パーソナルツール
現在の場所: ホーム plone カスタマイズ Google Sitemaps に対応
書いた本
Plone 完全活用ガイド の Chapter 1, 2, 3, 11 を執筆しました。
plone のインストール、使い方から、機能・デザインのカスタマイズ、プロダクトの作り方まで、 plone のすべてがぎゅっと詰まっている書籍になっていると思います。
plone に興味がある人から、すでに使いこなしている方まで、ぜひ読んでみてください。
Plone 完全活用ガイドのサポートページ
ナビゲーション

 
文書操作

Google Sitemaps に対応

作成者 takanori 最終変更日時 2005年07月29日 01時43分

このサイトのコンテンツを Google Sitemaps 形式で xml ファイルを出力して、正しくクロールしてもらうようにする方法について記述します。

このサイトのコンテンツは ploneCOREBlog によって記述しております。 その全コンテンツを Google Sitemaps という形式で出力して、Google に正しくクロールしてもらおうと思います。

その方法は、 sitemaps.xml という名前の Page Template を、plone サイトのルートフォルダに作成します。

実行結果は http://takanory.net/sitemap.xml を参照してください。

なお、Page Template を作成するときに Content-Typetext/xml に変更することを忘れないで下さい。

とりあえず Sitemaps の登録は Google Sitemaps のページでアカウントを作成し、そこから行う必要があるようです。

コードの解説

sitemaps.xml のコードは Add a Google Sitemap のページに書いてあるコードを参考に作ってあります。

カスタマイズのポイントは以下の通りです。

  • 6行目の portal_type で対象とする plone のコンテンツの種類を指定してあります。この内容を plone サイトにあわせて修正します。TopicNews Item が対象になるサイトもあると思います。
  • 7行目の review_statevisible は対象としない場合は、リストからはずします。
  • 17〜20行目では、コンテンツの種類が File の場合とそれ以外の場合で、対象とする URL を変更してあります。
  • 25行目からが COREBlog 対応の部分です。COREBlog のアイテムの名前を適宜 blog 等に修正してください。

Powered by vine linux, python, zope, plone, coreblog