パーソナルツール
現在の場所: ホーム plone 開発 PloneLightboxJS このプロダクトについて
書いた本
Plone 完全活用ガイド の Chapter 1, 2, 3, 11 を執筆しました。
plone のインストール、使い方から、機能・デザインのカスタマイズ、プロダクトの作り方まで、 plone のすべてがぎゅっと詰まっている書籍になっていると思います。
plone に興味がある人から、すでに使いこなしている方まで、ぜひ読んでみてください。
Plone 完全活用ガイドのサポートページ
ナビゲーション

 
文書操作

このプロダクトについて

作成者 takanori 最終変更日時 2006年07月25日 12時48分

PloneLightboxJS はどんなプロダクトなのかを説明します。

PloneLightboxJS は plone 上での写真の表示時に Lightbox JS v2.0 を使用するようになるプロダクトです。

このプロダクトをインストールすると、フォルダでの サムネール表示COREBlog2 でエントリーに画像を関連付けたときに、拡大画像の表示に Lightbox JS v2.0 を使用します。

PloneLightboxJS を使用したサンプルは以下を参照してください。 画像をクリックすると、拡大画像が Lightbox JS v2.0 を使用して表示されます。

操作

Lightbox JS v2.0 ではマウス操作やキー入力でこんなことができます。

clickable area

  • 拡大表示を閉じる(元画面に戻る): x, c または o を入力。右下の CLOSE をクリック
  • 前の画像を表示: p を入力。左半分をクリック
  • 次の画像を表示: n を入力。右半分をクリック
  • plone 上での画像表示、元画像の表示: 左下のそれぞれのリンクをクリック

サンプル


Powered by vine linux, python, zope, plone, coreblog