パーソナルツール
現在の場所: ホーム plone プロダクト Plone S5
書いた本
Plone 完全活用ガイド の Chapter 1, 2, 3, 11 を執筆しました。
plone のインストール、使い方から、機能・デザインのカスタマイズ、プロダクトの作り方まで、 plone のすべてがぎゅっと詰まっている書籍になっていると思います。
plone に興味がある人から、すでに使いこなしている方まで、ぜひ読んでみてください。
Plone 完全活用ガイドのサポートページ
ナビゲーション

 
文書操作

Plone S5

作成者 takanori 最終変更日時 2005年02月16日 11時22分

Plone S5はploneの文書コンテンツをプレゼンテーションとして表示することができるようになるアイテムです。

ここでは、Plone S5のインストール方法と使い方について説明します。

目次

使い方[usage]

Plone S5が正常にインストールできると、文書を表示したときに右上にアイコン (S5 Presentation icon ) が増えています。 このアイコンがPlone S5でプレゼンテーションを行なうためのアイコンです。

Select S5 presentation

このアイコンをクリックすると、今表示している文書をスライドショー形式で表示します。スライドをクリックすると次のスライドに進みます。

View S5 presentation

仕組み[mechanism]

この仕組みは、もともと S5: A Simple Standards-Based Slide Show System というプロジェクトがあって、それを plone に適用したもののようです。 説明を読むとS5はXHTMLとCSSとJavaScriptだけでスライドショーを実現するようです。

また、S5にはいくつか テーマ が用意されているので、簡単にスライドショーの見栄えを変えることができるようです。

テーマを変更[changetheme]

Plone S5では最初から2種類のテーマがインストールされています。テーマを変更する方法について記述します。

zopeの管理画面で portal_skins にアクセスすると、 s5_base, s5_blue_theme, s5_stock_theme という3つのスキンがインストールされます。 このうち初期状態では s5_blue_theme が使われているので、これを s5_stock_theme に変更します。

portal_skinsProperties タブをクリックすると、スキンの一覧が表示されます。ploneではスキンのファイルを探すときに、ここのリストの順番にファイルを探します。

Skin selections

ここで、s5_stock_theme を有効にするためには、s5_stock_themes5_blue_theme より前に持ってきて Svae します。

Change skin selections

すると、以下のようにテーマが変わって表示されるようになります。

Select stock theme

使用感[impression]

なかなかいいと思います。配布資料とプレゼンテーション資料を一つで作ったりといったこともできるので、便利だと思います。

ただし、スライド一枚に収まるよりも多くの文章を書いてしまうと、はみでてしまって中身がちゃんと見えなくなるので、そのあたりは使いながら調整する必要があると思います。

インストール[install]

Plone S5[plones5]

Plone S5のインストールは、アーカイブをダウンロードして展開するだけです。

% wget http://www.enfoldsystems.com/Products/Open/Plone S5/Downloads/Plone S5.0.1.zip
% unzip Plone S5.0.1.zip
% sudo mv Plone S5 /var/lib/zope/Products

その後zopeサーバを再起動します。それからPlone S5 プロダクトの追加を実行 します。

Install Plone S5


Powered by vine linux, python, zope, plone, coreblog