パーソナルツール
現在の場所: ホーム server サーバセットアップ
書いた本
Plone 完全活用ガイド の Chapter 1, 2, 3, 11 を執筆しました。
plone のインストール、使い方から、機能・デザインのカスタマイズ、プロダクトの作り方まで、 plone のすべてがぎゅっと詰まっている書籍になっていると思います。
plone に興味がある人から、すでに使いこなしている方まで、ぜひ読んでみてください。
Plone 完全活用ガイドのサポートページ
ナビゲーション

 
文書操作

サーバセットアップ

作成者 takanori 最終変更日時 2006年01月13日 13時09分

新しいサーバが届いたので、移行を行うためにセットアップを行います。

目次

サーバスペック[spec]

Silent-Master AMD Edition

新サーバには地球にやさしくということで、 サイコム のオリジナルPC Radiant Silent-Master AMD Edition というのにしました。

基本的なスペックは以下の通りです。

  • MOTHER: MSI K8MM-V[K8M900 chipset]
  • CPU: AMD Turion64 MT-37
  • RAM: 1GB
  • HDD: S-ATA 250GB

静かで低消費電力なのが今回のポイントです。確かに静か。

でも、サイズは旧サーバの ASUS Terminator から、ふた周りくらい大きくなっちゃいました。

OS インストール[os]

いつものように Vine Linux 3.2 をインストールします。

パーティションは以下のようにしました。zope とか html とかで使用する /var をめちゃめちゃ大きくとってみました。(無駄に大きすぎかも)

Vine Linux インストール時のソフトウェアの構成は 最小インストール を選択し、必要なものはあとで apt-get コマンドなどを使って入れようと思います。

  • / 500MB
  • /boot 50MB
  • /usr 5000MB
  • swap 2048MB
  • /home 10000MB
  • /var 残り全部

kernel 等のアップグレード[upgrade]

Linux kernel や各種アプリケーションのバージョンが、Vine Linux 3.2 のリリース時よりもあがっているものがあるため、最新にするために apt-get コマンドを使用してアップグレードを行います。

その後、/etc/lilo.conf を書き換えて新しい kernel で立ち上がるようにします。

HDD が SATA なので mkinitrd コマンドで image ファイルを作るのを忘れずに。

# apt-get update
# apt-get -y upgrade
# mkinitrd /boot/initrd-2.4.31-0vl1.10.img 2.4.31-0vl1.10
# vi /etc/lilo.conf
# lilo
Added linux *
Added linux-old
# shutdown -r now

/etc/lilo.conf の中身は以下のとおりです。

prompt
timeout=50
# VESA framebuffer console
#  ex. 0x301=640x480x8, 0x314=800x600x16, 0x317=1024x768x16, 0x31A=1280x1024x16
vga=0x314
default=linux
boot=/dev/sda
map=/boot/map
install=menu
message=/boot/message

image=/boot/vmlinuz-2.4.31-0vl1.10 label=linux initrd=/boot/initrd-2.4.31-0vl1.10.img read-only root=/dev/sda6 append=" resume2=swap:/dev/sda5"

image=/boot/vmlinuz-2.4.31-0vl1.8 label=linux-old initrd=/boot/initrd-2.4.31-0vl1.8.img read-only root=/dev/sda6 append=" resume2=swap:/dev/sda5"

ソフトウェアのインストール[install]

vine linux のインストール時には最小インストールを選んだので、必要そうなソフトウェアをインストールします。

とりあえず以下のものをインストールします。

  • Apache 2.0 zope の前に立てる web サーバ
  • MySQL データベース
  • GCC コンパイラ
  • ImageMagick 画像処理(plone 2.1 ではもう使わないかも)
  • libjpeg 等の画像ライブラリ PIL で使用します

# apt-get -y install apache2 apache2-devel apache2-manual \
    MySQL-server MySQL-client MySQL-devel \
    gcc wget \
    ImageMagick \
    libjpeg-devel libungif-devel libpng-devel freetype2-devel

サービス設定[service]

起動時に不要なサービスが立ち上がらないように設定します。 また、Apache 2が立ち上がるように設定します。

# chkconfig portmap off
# chkconfig gpm off
# chkconfig autofs off
# chkconfig kudzu off
# chkconfig keytable off
# chkconfig murasaki off
# chkconfig netfs off
# chkconfig rawdevices off
# chkconfig gpm off
# chkconfig apache2 on

これで、サーバ起動時に立ち上がるサービスはこれだけになります。

# chkconfig --list | egrep 5:on
atd             0:off   1:off   2:off   3:on    4:on    5:on    6:off
syslog          0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
postfix         0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
anacron         0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
network         0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
random          0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
sshd            0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
crond           0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
apache2         0:off   1:off   2:off   3:on    4:on    5:on    6:off
mysql           0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off

ここまででとりあえずのサーバの設定は終わりました。

次は zope のインストール です。


Powered by vine linux, python, zope, plone, coreblog