パーソナルツール
現在の場所: ホーム server zope インストール
書いた本
Plone 完全活用ガイド の Chapter 1, 2, 3, 11 を執筆しました。
plone のインストール、使い方から、機能・デザインのカスタマイズ、プロダクトの作り方まで、 plone のすべてがぎゅっと詰まっている書籍になっていると思います。
plone に興味がある人から、すでに使いこなしている方まで、ぜひ読んでみてください。
Plone 完全活用ガイドのサポートページ
ナビゲーション

 
文書操作

zope インストール

作成者 takanori 最終変更日時 2006年01月24日 23時13分

新サーバに必要なものを入れて zope をインストールします。

目次

python[python]

まず zope を入れる前に python をインストールします。

owa さんのサイト 象歩 で公開されている Vine Linux 用のパッケージ を使用させてもらいます。

# rpm -Uvh python-2.3.5-1owa.i386.rpm \
    python-devel-2.3.5-1owa.i386.rpm \
    python-docs-2.3.5-1owa.i386.rpm

site-packages[packages]

次に、zope のプロダクトで使用する python のライブラリをインストールします。

  • JapaneseCodecs python で日本語を使えるようにするためのコーデック集だそうです。
  • PyKf 日本語の文字コードを相互に変換するためのモジュールです。 COREBlog の中で使われています。
  • MySQL for Python Python から MySQL に接続します。
  • PyMETAR 天気予報のデータを取得するために使用します。
  • Python Imaging Library (PIL) Pythonで画像変換を行なうために使用します。plone 2.1 では必須です。

インストールの手順はこんな感じです。 PIL 以外は解凍して python setup.py install だけでインストールされます。

# tar xfz JapaneseCodecs-1.4.11.tar.gz
# cd JapaneseCodecs-1.4.11
# python setup.py install
# cd ..
# tar xfz pykf-0.3.4.tgz
# cd pykf-0.3.4
# python setup.py install
# cd ..
# tar xfz MySQL-python-1.2.0.tar.gz
# cd MySQL-python-1.2.0
# python setup.py install
# cd ..
# tar xfz pymetar-0.5.tar.gz
# cd pymetar-0.5
# python setup.py instal
# cd ..
# tar xfz Imaging-1.1.5.tar.gz
# cd Imaging-1.1.5
# python setup.py build_ext -i
# python selftest.py
55 tests passed.
# python setup.py install

zope[zope]

次に zope をインストールします。

zope も owa さんのサイト 象歩 で公開されている Vine Linux 用のパッケージ を使用させてもらいます。

インストール後に手動で起動して、自動起動の設定もしておきます。

# rpm -Uvh Zope-2.8.5-1owa.i386.rpm Zope-zserver-2.8.5-1owa.i386.rpm
# /etc/init.d zope start
# chkconfig zope on

http://192.168.0.xxx:8080/ にアクセスして、zope のスタート画面が表示されることを確認します。

パーミッション変更[chmod]

zope 関連のディレクトリを一般ユーザでも見えるようにパーミッションを変更します。

# chmod go+rx /var/lib/zope /var/log/zope
# chmod go+rx /var/lib/zope/{Extensions,Products,bin,import,var}

Data.fs のコピー[datafs]

とりあえず現在のサーバのコンテンツが入っている Data.fs を新サーバにコピーして、問題なく動作するかを確認します。

# /etc/init.d/zope stop
Shutdown zope:                                             [  OK  ]
# cd /var/lib/zope/var
# mv Data.fs Data.fs.old
# scp 192.168.0.xxx:/var/lib/zope/var/Data.fs .
# chown zope:zope Data.fs
# /etc/init.d/zope start
Starting zope:                                             [  OK  ]

http://192.168.0.xxx:8080/ にアクセスして、各コンテンツが正常に表示されることを確認します。

あとは /var/log/zope/event.log になにが書かれているかなどをチェックします。

とりあえず zope だけは無事に移行が出来ました。あとは、こまごました設定とかメールの設定とかをしていきます。


Powered by vine linux, python, zope, plone, coreblog