パーソナルツール
現在の場所: ホーム takalog PyCon JP 2012 でスタッフとかやってました
書いた本
Plone 完全活用ガイド の Chapter 1, 2, 3, 11 を執筆しました。
plone のインストール、使い方から、機能・デザインのカスタマイズ、プロダクトの作り方まで、 plone のすべてがぎゅっと詰まっている書籍になっていると思います。
plone に興味がある人から、すでに使いこなしている方まで、ぜひ読んでみてください。
Plone 完全活用ガイドのサポートページ
« 2017April »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
このBlogについて
鈴木たかのりです。とりあえず日記っぽく雑多なことを書き込んでいこうと思っています。 zope/plone関係の技術的な内容については http://takanory.net の方にまとめていこうと思います。 コメント・ツッコミはご自由にどうぞ。
twitter facebook linkedin foursquare
カテゴリ
android (16)
av (27)
books (35)
coreblog (49)
ds (22)
emacs (8)
ferret (24)
google (34)
icecream (44)
lego (71)
mac (22)
misc (75)
moblog (277)
movie (33)
pc (44)
plone (339)
puzzle (43)
python (66)
server (67)
snowscoot (9)
software (125)
sports (40)
suidou (30)
winds (47)
 
文書操作

PyCon JP 2012 でスタッフとかやってました

作成者 takanori投稿日 2012年10月20日 16時49分 最終変更日時 2012年10月22日 10時22分

一ヶ月以上前の話しですが PyCon JP 2012 という Python プログラミング言語のカンファレンス(会議)のスタッフをやってまして、無事会が終了しました。

担当としては今年は初めてスポンサー担当ということをやって、 スポンサー企業 のみなさんといろいろやりとりさせてもらったりしていました。スポンサー企業のみなさんには、サポートありがとうございますと感謝の言葉しかありません。

さて、イベント当日なにをやっていたかと言うと、今年は前回に比べると多少余裕がありましたが、いろいろしゃべる機会が多くてその資料を作ったりするので結構死にました。

というわけで、以下にその資料とか感想とか書きます。 発表資料とかビデオは プログラム - PyCon JP 2012 から参照できます。

初日のオープニングでは会場などの注意事項説明などを座長の寺田さんの Welcome message のあとに行いました。 ノリ(?)で全編英語でやることになったので、しゃべる内容とかもスライドに書いといてなんとか乗り切りました。 あれで意味が通じていたのか、非常に不安ですが、いい経験でした。

2日目は記念 Proposal を出した SphinxCon JP 2012 で採択されてしまいました。そのため、一番人気のセッションと思われる「 Webフレームワークパネル - PyCon JP 2012 」の裏番組としてしゃべってきました。

「社内でのSphinx、reSTの広め方」と題して、前の会社で reST 書き始めてから、チームで設計書をみんなで Sphinx で書いたぜってところまでの物語りです。

意外に反応が良かったようで アンケート結果 - PyCon JP 2012 によると総合13位、キーノート、LT、パネル、オープンスペースを除くと8位でした。オレがんばった。

この発表は2日目のほぼ最後の方だったのですが、この自分の発表の前後に Closing の資料を準備していました。 挑戦者求む!Python Conference Japan 2012 の回答を集めてランキング作ったりとか、集合写真を入れたりとか、めっちゃテンパって作業して正直死にそうで、PyCon JPスタッフのSkype部屋に「死ぬー」とか書いてました。

そんな感じでなんとか作った Closing の資料がこちらです。

あとはカンファレンスのあとの Sprint で、Sprint の流れを説明する資料と #himopy Sprint の説明と成果発表資料を作ったりしていました。 いやー、やれば短期間に沢山資料作ることもできるもんだなーと思った3日間でした。

疲れた。

カテゴリ
python python
トラックバック用URL:
http://takanory.net/takalog/1290/tbping
コメントを追加

下のフォームに記入してコメントを追加できます。平文テキスト形式。

(必須)
(必須)
(必須)
(Required)
Enter the word

Powered by vine linux, python, zope, plone, coreblog