パーソナルツール
現在の場所: ホーム takalog Categories android
書いた本
Plone 完全活用ガイド の Chapter 1, 2, 3, 11 を執筆しました。
plone のインストール、使い方から、機能・デザインのカスタマイズ、プロダクトの作り方まで、 plone のすべてがぎゅっと詰まっている書籍になっていると思います。
plone に興味がある人から、すでに使いこなしている方まで、ぜひ読んでみてください。
Plone 完全活用ガイドのサポートページ
« 2017March »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
このBlogについて
鈴木たかのりです。とりあえず日記っぽく雑多なことを書き込んでいこうと思っています。 zope/plone関係の技術的な内容については http://takanory.net の方にまとめていこうと思います。 コメント・ツッコミはご自由にどうぞ。
twitter facebook linkedin foursquare
カテゴリ
android (16)
av (27)
books (35)
coreblog (49)
ds (22)
emacs (8)
ferret (24)
google (34)
icecream (44)
lego (71)
mac (22)
misc (75)
moblog (277)
movie (33)
pc (44)
plone (339)
puzzle (43)
python (66)
server (67)
snowscoot (9)
software (125)
sports (40)
suidou (30)
winds (47)
 
文書操作

android

android
Android 端末の話とか

文書操作

Google Developer Day 2008メモ(前編)

作成者 takanori投稿日 2008年06月23日 12時48分 最終変更日時 2010年05月03日 23時28分
入り口の Google ロゴ

ちょっと行ってから間があきましたが、6月10日に開催された Google Developer Day 2008 Japan に行ってきたのでそのメモです。

午前中、仕事の打合せが入ってしまい残念ながら基調講演などは聴けず、午後から参戦。

Google Data API

メモ

  • Google Data API は Atom をベースにした API で、HTTP の GET/POST/DELETE/PUT を使う。
  • RSS/Atom との違いは Authetication (認証)、Query(検索)があること
  • Authentication は Single Sign On を提供している
    →アカウントは Google Accounts を使う
  • Google Accounts 側が Token を発行して認証
    →Token はサービスごとに発行される
  • Query を使って検索する例。例えば YouTube だと、何件目から何件、rating、ソート順とかを指定して検索できる。
  • 今日 YouTubeOpenSocial の日本語API資料が公開されので見てね

感想

  • API といっても URL 叩いて XML が返ってくるだけなので、認証なしで使える範囲だったら、さくっと使えそうでよさそう。
  • 認証部分はまだピンときてません。
  • 検索の実例とか説明では YouTube のことをやたらと話していたのですが、発表者は YouTube 担当?
  • 全体的に早口でちょっと聞き取りにくいというか、テンポについていきにくかったです。
  • Query の実例でとあるキーワードを使って検索して見せたんですが、個人的に「おいおい、今そのキーワードはないだろう」というもので検索して、しかも結果にそのものずばりの文字列が出てたっぽいです。目がよくないから読めなくてよかった。

Android アプリケーションの構築

メモ

Background(背景)

  • Hadndset の市場が伸びている
  • open handset aliance は34社で構成されている
    • Mobile Operators(KDDI, DoCoMo, Sprint, T-Mobile他)
    • Handset Manufactures(MOTOROLA, htc, SAMSUNG, LGNOKIA違った)
    • Software(eBay, Google他)
    • Semiconductor(Intel, nVIDIA他)
    • Commecialzation

What is Android?(Androidのスタック)

  • Linux Kernel
  • Libraries
    • SQL, WebKit, Media Framawork, Surfase? Manager
  • Android Runtime(Dalvik VM + Core Libraries)
  • Application Framework
  • Applications
    • Home, Contact, Phone, Browser, ...(開発者が作るもの)
  • APIはみんなまったく同じものが使えて Open ですよ

Basics of an Android Applications(Android 上のアプリケーション基礎)

  • Activities, Tasks, Processesがある
  • Activities and Tasks
    • Activity: ユーザが実行する特定の機能
    • Task: Activity のグループをまとめたもの
    • Process: Linuxのプロセス。ユーザからは見えない
    • APK: Android のアプリケーションパッケージ(zip のようなものでまとめてある)
  • Task は複数のパッケージ上の Activity をまとめる場合もある。
  • Android の Process は Linux の Process。デフォルトでは1 APKに1 Process。1 Processに1 Thread。
  • すべての Thread は Main Thread 上で動作する。

Developer Toolchain(開発ツール)

  • Emulator(QEMU-based ARM emulator)デバイスと同じシステムイメージが使用可能
  • Eclipse Plugin
  • Debugging: Eclipse 使って、普通の Java プログラムのデバッグと同じように実行できる

What doen open mean?(openってどういうこと?)

  • 現在 1.0 が動作する実機を準備中
  • 実機ができたらすぐに公開するよ

    UsersにとってのOpen

    • 好きなアプリケーションを入れられる
    • Browser を入れ替えることも可能

    DevelopersにとってのOpen

    • Application の公開に許可はいらない。認定も不要
    • 特権を与えられた API は存在しない。すべてオープン
    • Integrate(統合)
      →他のアプリケーションとの統合
      →Google で検索した住所を受け取って地図を表示する例
    • Extend(拡張)
      →既存アプリケーションの拡張
      →地図にいろんなウィンドウとか部品を追加する例
    • Replace(置き換え)
      →すでにあるコンポーネント(Contacts等)を置き換える
      →Developer Challenge で Top 50 に入った Phonebook 2.0 の画面
      →他のアプリケーションから電話番号を追加するとき、きちんと Phonebook 2.0 に連携する

What about security?(セキュリティは?)

  • ユーザIDがプロセスに付与される。例外は3つだけ
    • 初期化プロセス
    • ザイゴット?(これなんだろう?)
    • Main ランタイム
  • アプリケーションが他のアプリケーションにアクセスできるようにするためには、開発者自身がAPIを公開する必要がある。
  • アプリケーションのMANIFESTに使用する機能(電話する、通信する、SMS送る)を宣言する
    →ユーザはその内容を見てインストールするか自分で判断する

Latest News

  • 2008-02-13 m5 SDK リリース
  • 2008-04-14 1788のアプリケーションが登録された
  • 2008-05-12 Top 50 アプリケーション
  • チャレンジ2(開発コンテスト)を実施予定。賞金として500万ドルを用意。
  • チャレンジ2は最初のデバイスが出荷されてから実施
  • Android の API
  • Android-SDK-Japan | Google グループ

Q&A

  • ハードを変えずにアップデートできるのはどこまで?
    →今後出てくる Android 対応のデバイスは、完全に互換性がないものも将来的には出てくると思う。
    →デバイスプロファイルを作って、そこで判断する形になると思う
    →もう一つ、フレームワークによって画面サイズを変更したりとかも可能かと
感想

最初に発表されてからぜんぜん追いかけていなかった Android ですが、想像していたよりもずっと進んでいて、いろいろできそうな印象を受けました。

実際にエミュレーターとか落として、サンプル作ったりしたいかなーと思ったり。

でも、最近 Java でコードとか書いてないし、Eclipse 入れるの面倒だなーと思ったりもしますが。

あとは、アプリケーションがどの部分を操作するかは MANIFEST に書いてある内容を見てユーザが判断って行ってましたが、正直微妙かなぁと思っています。

それがオープンであるメリットだというのはわかりますが、想定するユーザが今の携帯電話のユーザというよりは、もう一歩進んだユーザを想定しているのかなと。「昔 PDA 使ってました」というユーザにとってはとっても期待の持てるデバイスになりそうな気はします。

(06-24 追記) Android アプリケーションの構築の資料が Google Code ディスカッション グループ | Google グループ にありました。

GDD-Japan-2008-IntroductionToAndroid.pdf というファイルがそうです。

(後編につづく)

カテゴリ
google google
android android
トラックバック用URL:
http://takanory.net/takalog/909/tbping

Google Developer Day 2009 事前インタビュー(Android編)

作成者 takanori投稿日 2009年05月26日 23時53分 最終変更日時 2010年05月03日 23時27分

ちょっと間が開きましたが Google Developer Day 2009 事前インタビュー の続きです。

お題は Android

私自身は Android について詳しくないので、技術的に突っ込んだレポートは Google Developer Day 2009 Japanの事前インタビューでAndroidの話を聞いてきました - Android(アンドロイド)情報-ブリリアントサービス にまかせて、私はざくっとした感じで聞いたことを書きたいと思います。

話すのは Chris Pruett さん。日本語でした。

  • Android の外部の開発者をサポートをしている
    →2007年にGoogleに入社した。その前はゲーム会社にいた。
    →今回はAndroid上でのゲーム開発のポイントを話す予定。あとはAndroid上でのグラフィックのこととか。
  • DoCoMo で端末を日本で出す。ニュースサイトによると6~7月発売予定とのこと。
  • Developer Phone は HTC Magic で出る?
    →いつ出るかはわからないけど、出る。
  • 有料アプリは日本でもダウンロードできるようになる?
    →なるけどいつからスタートするかは未定。USも最初は無料アプリのみで、市場ができてから有料アプリがスタートした。日本も最初はそんな感じかも。
    →有料アプリの決済には Google Checkout を使う。DoCoMo の回収代行もあるかも。
    →T-mobile の場合、収入の分配は 70%開発者、25% キャリア、5% Googleだけど、Googleはクレジットカードの処理をしているのでアプリケーションでは儲かってない。
  • 6月9日にはゲームのデモを見せる、今もある程度動く状態。
    →Android のキャラクター(名前はない)を使った横スクロールのアクションゲーム
    →見せてもらいました。ちゃんと動いてて。すごい。
    →きちんとできあがったらオープンソースとして公開する。
    →この記事で紹介されているゲームと同じです。 Androidアプリで高速描画チューニングをするコツ(1/3)-@IT

ゲームを作るうえでの Tips

ゲームを作るうえでの Tips を話す予定。

  • GC を動かさない
  • 2D はどういう風(OpenGL vs Canvas)に画面を作ればいいか
  • Java のあまり知られていない遅くなるポイント
  • どうやって Optimize したか
  • 背景をどうやって描くかとか
  • 今後のゲーム業界のために、Androidみたいなプラットフォームがいいよという話をする
    →DS 上で Android 動かないですかね?(私の質問)
    →スペック的に厳しい気がするけど、Android はオープンなので勝手に乗せてもらってかまわない
    →DS を開発してた人で Google に入った人もいるらしい
  • UIのガイドラインは出すのか?
    →ガイドラインというよりもおすすめの実装方法のサンプルとかがあるだけ。
  • HTC-03A に制限が入ることはあるのか?
    →キーボードがついていない
    →日本語サポートされるので、アプリケーションが日本語になる
  • どんな人に聞きに来てほしい?
    →当然ゲーム開発に興味を持っている人、またパフォーマンスが必要なアプリを作りたい人にも来てほしい。
    →当然Androidで開発することに興味ある人もくると思うけど。
  • ちなみに、Android のセッションはもう一つ増えるかも。らしい。

と、こんな感じでした。

このゲームを操作していうるところを動画撮影したんですが、youtube にアップしようと思ったらいい感じのアカウントがとれなかったからまだアップしてません。

あ、 プログラム が公開されてました。

カテゴリ
google google
android android
トラックバック用URL:
http://takanory.net/takalog/1087/tbping

Google Hackathon for Android の事前ミーティングを見学

作成者 takanori投稿日 2009年06月03日 23時54分 最終変更日時 2010年05月03日 23時27分

6月2日(火)は Google Developer Day 2009 事前インタビュー(AJAX API編) を終えた後、 Google Hackathon for Android の事前ミーティングを見学してきました。

ただ、その前に Google Developer Day 2009 事前インタビュー(Android編) で撮影した Android で動いているゲームの動画を貼っておきます。

このゲームを作っての話が Google Developer Day 2009 当日の 【MB-2】 Android でリアルタイムゲームの開発方法 の中で解説される予定です。

さて、Hackathon 事前ミーティングに話を戻します。会場は Google の食堂で行われていました。

会場に行くと Ideathon の途中のようで、チームごとにいろいろとディスカッションしているようです。

以下、ざっと感想というかなんというか。

  • 5チームがアイデアソンをしていました。(うらやましー)

  • 全部で16人くらい?使いたい機能や、やりたいことでチームに分かれているっぽい。

  • 以下、それぞれのチームのアイデア発表

    • カメラ: バーコードを読み込んでAmazonに問い合わせてプレビューに重ねて表示する
    • OpenGL: 3Dビューワを作る。X3Dを読み込んで表示できる。Androidを動かすと画面が動く。オブジェクトをタッチして動かすことができる。
    • センサー: Androidをマウスにする。Androidを動かすとマウスカーソルが動いて、クリック、ホイール動作する。傾きで画面上のAndroidが動く。
    • Geo/GPS: 無料の無線があるところを電波の強さでヒートマップ表示。
    • チュートリアル: ふってジャンケンするアプリケーション。通信して勝敗が決まる。
  • その後、メンバーがそれぞれ すてきなアイデア だと思うものを集計用スプレッドシートに投票して決めるらしい。これも Geo API ではできなかったなぁ。(涙)

    →個人的感想ですが、せっかくスプレッドシートで集計していたので、その集計を元に直前に聞いた Visualization API でグラフ表示すると見やすくて盛り上がるかも。
    →16人とかが同時に同じスプレッドシートにアクセスすると、さすがに通信が込み合うらしい。ここで Wave API の登場か!?

で、結果は1位は チュートリアルグループ のジャンケンアプリケーションでした。

全体的に Android ということもあり、リアリティのあるアイデアが多いなーという印象でした。

あと、発表後に全体でディスカッションとかあるのかなと思ったらありませんでした。部外者なのに意見とか言ってみたかったのに、残念。

さて、これでサポーターとして開催前にインタビューとかする機会は終了です。

あとは当日を楽しむのみ。少し予習はしといた方がいい気がしますが。

カテゴリ
google google
android android
トラックバック用URL:
http://takanory.net/takalog/1095/tbping

Google Developer Day 2009が開催

作成者 takanori投稿日 2009年06月10日 00時48分 最終変更日時 2010年05月03日 23時30分
Google Developer Day 2009 箱
HTC Magic が入ってた!!

6月9日(火)に、パシフィコ横浜で Google Developer Day 2009 が開催されました。

私も サポーター として参加してきたのでレポートしたいと思います。

といっても、細かいレポートはまたあとで書くとして、とりあえずは全体についてざっと感想などを書きたいと思います。

基調講演

  • 10:00-11:45@メインホール
  • A More PowerfulWeb, Made Mobile, Made Social, Made Easier がテーマ
  • HTML 5 の話
  • おみやげに Google Chrome comic 入っているよ
  • DoCoMo の永田さんのプレゼン資料だけ浮いてた
  • HT-03A は6月末か7月頭に発売予定
  • Tom Moss さんから Developer Phone のプレゼントを告知
  • 笠原さんによると mixi は日記中心で行きますとのこと
  • 明日 mixiアプリのベータ出すとのこと
  • Google Wave のデモ。おー動いてる。
  • Google 石原さんからその他技術の紹介

せっかくデベロッパーフォンのプレゼントというサプライズがあったのに、いまいち告知するタイミングがびしっと決まらず歓声も弱めだったのが残念な感じでした。 みんなうれしいくせに。

その後明日の Geo API Hackathon のメンバーとランチに。電話もらったねーとか、明日何作ろーとか相談して解散。

Google Maps API活用大作戦

  • 13:00-13:45@303
  • 4年前にリリース
  • v2 でも知らないメソッドが結構あった
  • AJAX API Loader を使うのがおすすめらしい
  • Static Map は一番速いよ
  • Wizard で作ろう

v3 出たけどできないことあるので、v2 も追わないと。

O3D

  • 14:00-14:45@メインホール

デモなんとなくてみましたが、Android の設定に一生懸命で聞いてませんでした、すいません。 なんかすごい動いてた。

OpenSocial in Japan

  • 15:00-15:45@ラウンジ
  • Write once, Deploy everywhere
  • JavaScript API(Client側)
  • RESTful Protocol(Server側)
  • おおまかな仕組みと開発方法などを説明

人がいっぱいで床に座って聞きました。そういう雰囲気もゆるくていいかも。

Google & Open Source

  • 16:00-16:45@メイン
  • Google の社内でもたくさんオープンソース使ってる
  • Google 発のオープンソースもあるよ
  • Google からたくさんパッチを送ってるよ
  • Google のオープンソースプロジェクト: GWT, Chromium, Android
  • Google Summer of Code 毎年やってるよ

Performance Tips for Geo API mashups

  • 17:00-17:45@メイン
  • Google Maps v3 できることは限られている
    • Map, Marker, InfoWindow
    • Geocoding
    • Custom Overlay
  • たくさんのマーカーを表示するときどうするか
  • 大きいライン、たくさんライン引くときどうするか
  • Maps API の認定試験?があるらしい

ライトニングトークが入れないため、メインホールへ移動してききました。 内容はもともと興味ある内容でよかったです。

Google Wave API

  • 18:00-18:45@メイン
  • WaveSandbox.com を使うために、Wave Account の招待メールを送る
  • 2~3週くらいでアカウント届くよ
  • Wave Gadget と Wave Robot の作り方を説明

Wave アカウントもらったらロボットとか作ってみないと。

終了後はホワイエで知り合いとちょっと話したり、Poken でハイフォーしたりしてから飲みに行きました。

感想

  • 満席で入れないセッションなどがあり、全体的に盛り上がっていた感じがします
  • Android Developer Phone や Wave のアカウントや、v3 とかたくさん宿題をもらった気がします。
  • Office Hour は通りすがりに見た感じでは結構人がいていい感じでした
  • 床に座って PC たたいている人とかもいて、ゆるい感じがいいかなと
  • ほぼ全館で無線 LAN が使えていつでもネットに発信。twitter しまくれました
  • コンセントも去年よりかなり豊富にあったと思います(でもバッテリーもたなかった。。。)

全体的に去年よりグレードアップした感じで、とってもよかったと思います。

スタッフのみなさん、発表者の皆さんお疲れ様でした。

カテゴリ
google google
android android
トラックバック用URL:
http://takanory.net/takalog/1102/tbping

Google Developer Day 2009レポート(基調講演編)

作成者 takanori投稿日 2009年06月15日 23時45分 最終変更日時 2010年05月03日 23時28分
会場は人でいっぱい
IE以外のHTML 5サポート
日本ハチマキがかわいい
日本でもAndroid Marketはじめるよ
Developer Phone配るよ~
Develop More Powerful Web

さて、先週火曜日に開催された Google Developer Day 2009 のレポートはざっくりとは Google Developer Day 2009が開催 のエントリに書きましたが、それぞれのセッションについてもうちょっと詳しく書いていきたいと思います。

というわけで、まずは午前中の 基調講演 から。

といっても、基調講演についてはあちこちのニュースサイトとかで触れられているので、やっぱりさっくりと。

10時ちょっと前にサポーターの控え室に行って荷物を置き、5分前に基調講演会場に移動。

ものすごい人の列。出遅れたか。

会場に入ると当然のようにすごい人。残念ならが後ろの方の席になりました。席を確保したらとりあえずコンタクトレンズをはめにトイレへ。戻ってきたらすでに辻野社長のトークがはじまってました。(汗)

辻野社長

まずはこのイベント「Google Develpers Day」の説明

  • ハッピーサプライズ あるよと言う
  • A More PowerfulWeb, Made Mobile, Made Social, Made Easier がテーマ

及川卓也さん

続いて及川さんから全体の説明

  • Google I/Oのこととか
  • Web の 4つの課題 は解決しつつある: グラフィックス、ロケーション、ストレージ、スピード
  • HTML5 : canvas, video, geolocations, app cache/database, web workers
  • canvas : グラフ描画、3D表示、細かい3D表示 → 3D記述について標準化が必要
  • video : ビデオを回転させることが可能、Youtube の HTML 5対応版も内部で作ってみた、Plug-in 使ってない
  • 総合的なデモ : Mozilla の作った Movement tracker (Mozilla の人すげ)
  • Google Chrome : Chromium/ Webkitを通じてHTML5を実装、HTML 5標準化へ働きかけ、マルチプラットフォーム対応の推進と拡張性の追加
  • Google Chrome comic がおみやげに入ってるよ。日本語版もあるよ

Android

Tom Mossさん

続いて Android の人、Tom Moss さんが登場。

  • すでに 5000 以上のアプリケーション
  • 一人あたり 40 以上のアプリケーションをダウンロード
  • DoCoMo の人を紹介したら、しゃべっている途中でSEがカブってかわいそうだった

DoCoMoの永田さん

ビジネスっぽい資料で見た目はいまいち。

  • DoCoMoのコピーは「ひとりひとりのあなたへ」
  • 携帯電話が伸びないのでスマートフォンがんばっていきたい
  • Android 手に持ったときは、画面を資料からビデオカメラに切り替えればいいのにと思った
  • HT-03Aは「ケータイするGoogle」として売り出す
  • HT-03A の TV-CM を流す予定(へー)
  • 通信定額、3万円のサポートで販売したい(ごめんなさい、意味がよくわかりませんでした?)
  • 発売は6月末から7月頭くらいとのこと

Chris Pruettさん

続いて Android Market について説明。

  • 今日は英語でしゃべってる!
  • Android Marketについて
  • Android 上でどうやってアプリ落とすのか説明→簡単だよ
  • Android Market in Japan はじめます。まずはフリーのアプリケーションから
  • そのうち有料アプリもはじめるよ
  • 最後に日本語で「ぜひ、みんな開発してね」とメッセージ

Tom Mossさん

再び Tom Moss さん登場。

  • ADC2: Android Developer Challenge 2 やるよ
  • 前回は700超のアプリケーションが登録されたよ
  • みんなもチャレンジしてね
  • そしてここで「Developer Phone 配ります」と宣言
  • Tom Moss さんも日本語が上手なことが判明

OpenSocial

David Glazer

  • Open Social
  • Open + Social == Better
  • Web == Good
  • Social == Good

mixiの笠原社長

  • mixiは日記中心でいきます
  • mixiアプリの特徴
    • 日本最大のSNSで提供できるソーシャルアプリケーション
    • PCとモバイルの同時展開は世界初
    • プロバイダー向けビジネス支援プログラム: 広告支援、課金支援、資金支援
  • 田中さんにバトンタッチ
  • mixiアプリの画面についてデザインをいろいろ考えているらしい
  • SHINDIG を使ってるらしい
  • mixiアプリのモバイル版を明日βでだすらしい
  • 7月 Social Application Award を開催、グランプリは100万円
  • Friend Sync
    • Open Social と Android を組合わせたサンプル
    • Hackathon で作ったらしい
  • OSDE(OpenSocial Develpment Environment) Eclipse Plug-in: OpenSocial の環境をローカルに作るらしい
  • Photomemo/goo map
    • mixi だけじゃなく goo home も OpenSocial プラットフォームだよと宣伝
    • Photomemo: ケータイ写真アップ→友達と共有
    • mixiアプリを意識しまくり

Google Friend Connet

  • 5,000,000 サイト
  • 100,000 ユーザ/日

Google Wave

待ちに待った Google Wave のデモ

  • Google Wave の3つのP: Product/Platform/Protocol
  • Wave で電子メール風のメッセージをするデモ
    • 文書をお互いに編集できる
    • あとから人を追加するのも簡単
    • 話の流れを見るためにプレイバック可能
  • Wave に写真をドラッグ&ドロップするとすぐに共有できる
  • 話を見せないで写真だけを他の人に送るとかもできるらしい
    • blogee? に送ると Blog にアップしてくれる(ほー)
  • 写真とかへのキャプション付けをみんなでよってたかってする(すご)
  • 携帯でも動くよ
  • twitter と wave をつなげる
  • chess ガジェット
  • 誰が映画にいけるか決めるためのGadget(Yes/No/Maybe)
  • それぞれの言語で入力して chat できるシステムとか
  • Wave のアカウントは2、3週間でもらえるらしい

Wave 動いているところが見れて、なんとなく「なんだろこれ?」と思ったことがちょっとわかった気になりました。

まずは使ってみたいなぁ。はやくアカウントほしい。

石原直樹さん

  • その他技術の紹介
  • Google Web Elements
  • Google Maps API v3
    • Performance/Mobile/Keyless
    • ドライビングディレクションAPIが日本で使えるようになる予定
  • Google App Engine
  • AdWords API
  • クラウドコンピューティング
  • Google SketchUp
  • Google & Open Source
  • Google エンジニア
  • Google API エキスパート
  • Google Technology User Group(GTUG)
  • Tokyo GTUG ができたよ
  • code.google.com でドキュメントを日本語訳
  • Office Hours の説明: テクノロジーごとにテーブルがあるよ

GDD Phone

今日配る GDD Phone について簡単に説明

  • 開発者向けの端末
  • 事前登録して今日来ている人に配るよ
  • For ADC2
  • Wi-Fi, Data Plan, Warning(これどういう意味だ?)
  • SIMフリーなので日本のSIM(DoCoMoまたはSoftbank)さして使えるけど、料金どうなるかわかんないよー

とこんな感じでした。

基調講演らしく、2時間弱の中に内容てんこ盛りな感じ。メモで大変でした。

カテゴリ
google google
android android
トラックバック用URL:
http://takanory.net/takalog/1107/tbping

Google Developer Day 2009 事後ミーティングに参加

作成者 takanori投稿日 2009年06月24日 23時39分 最終変更日時 2010年05月03日 23時30分
Androidぬいぐるみとストラップ

Google Developer Day 2009オフィシャル サポーター としての最後の仕事(?)、 事後ミーティングに参加してきました。

目的としては、今回どうだったかってことと今後の GDD をどうしたいかってことの意見交換といった感じです。

で、私はPCを持っていくのを忘れたため、GDD Phone で Twitter に つぶやき ながら、手書きメモをちょっとったりしたので、その内容をに気になったところを中心に書きたいと思います。

最初に Google Developer Day 2009 のページのアンケートに答えると抽選でもらえる 素敵なプレゼント の実物を見せてもらいました。 Android のキャラクターのぬいぐるみ、写真の通り思ったより大きい。 初公開のストラップもつけますとのこと。ほほー。

事前準備

  • タイムテーブルとか告知はもっと前もってしてほしいという意見多数。
  • サイト更新したら「更新したよー」というRSSなりお知らせがほしかったという意見。たしかに。

Office hourとDeveloper sandbox

  • 思ったよりはいい感じだったんじゃないかと思う。
  • 継続したいとのことでいくつか改善アイデアが出てました
    • わかりやすいテーマで色分けされた案内
    • 小さいホワイトボード or ポストイット
    • ファシリテーター
    • ミニプレゼンブース

お菓子は Office hour のテーブルに置くはずだったが、手違いで中央のテーブルにまとめて置かれたらしい。次回はぜひ Office hour のテーブルにお菓子を!

GDD Phone

  • 情報は景品なんとか法にひっかかる可能性があるため、事前に情報が出せなかったらしい。いろいろ大変ですね。
  • 「プレゼントするよー」で盛り上がらなかったのは痛恨の演出ミス
  • 同時通訳もさらっと話してたらしい(残念)
  • 次があれば、もっと演出で盛り上げて会場がわーっとなるといいな
  • GDD Phone をあの日配るためにはかなりタイトなスケジュールだったらしい
  • 西では GDD Phone は貴重

セッション

  • 床に座って聞いたりしている雰囲気は、ゆるくていいなと思った
  • これはよかったとこれはいまいちだったは当然人によっていろいろあり
  • アンケートの結果は結構差が出ているらしいが、どれがというのは教えてもらえなかった。ちぇっ

全体

  • 来場者数は去年より100人多い程度
  • ただ、最初から最後までいた人が多かったので、全体としては人にあふれている感じ
  • スタッフとして44人の Google 社員が動いていた

その他

  • 8月に京都で Hackathon するよ
  • 京都 GTUG(Google Technology Users Group)立ち上げ準備中
  • 他の地域でも Hackathon やりたい

次回に向けて

  • 場所はもうちょっと都内がいい
  • BOF とかあるといいかも
  • 2コマ使って Hands on とか → 今回だと、Android とか Wave とかあるうれしかった
  • 有料でもいいかも → 食事あり、お土産あり、学割ありとか
  • Hackathon は土日開催だと出やすい人もいるかも

とこんな感じでいろいろ意見とか出て盛り上がった事後ミーティングでした。

このあと、来場者全員にお礼メールを送るらしいんですが、その中に当日の写真アルバムへの URL が入っていて「この写真出さないでー」っていうのは連絡くださいということになってます。

先に写真を見せていただきましたが、確かに顔がばっちりわかって、イヤな人は出したくないだろうなーというものでした。 知り合いもバッチリ写ってました。

あっ、まだ Wave のアカウントがこないよーって言うの忘れてた。

では、また来年~(というか、その前に他のセッションのレポートを書かないといけませんが)

カテゴリ
google google
android android
トラックバック用URL:
http://takanory.net/takalog/1116/tbping

android scripting environment 0.8がリリースされたけど

作成者 takanori投稿日 2009年06月26日 23時56分 最終変更日時 2010年05月03日 23時27分
ASE

先日の Google Developer Day で GDD Phone をもらったので Android 上のアプリケーションを作ろうと思ったりしていますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

Java で作るのもいいんですけど、 Android Scripting Environment (ASE) という Android 上で python とか Lua とか BeanShell でプログラムが作れる環境があるということで、インストールしていました。

そして、 Android Scripting Environment のページに行くと最新バージョンの 0.8 がリリースされていました。

が、ちょっと困ったことが。

今回のバージョン 0.8 から言語環境とサンプルのスクリプトが別パッケージとなりました。 おそらく、今後インストールするスクリプト言語を選べるようにするためだと思います。

で、この別パッケージを入れる方法がわかりません。

SDカードに入れろとか書いてあるんですけど、ASE が認識してくれません。どうやって入れたらいいんだろう。(涙)

しょうがないから 0.7 に戻そうかなぁ。

カテゴリ
python python
android android
トラックバック用URL:
http://takanory.net/takalog/1118/tbping

Google DevFest に行ってきた(1)

作成者 takanori投稿日 2010年03月11日 23時58分 最終変更日時 2010年05月03日 23時28分

3月11日に開催された Google の開発者向けイベント DevFest 2010 Japan に参加してきました。

以下、ざざーっと感想です。

  • 会場は ベルサール汐留 というイベントホール。新橋から歩いていったんですが、電通ビルの裏にあって、微妙にわかりにくい立地でした。建物はきれい
  • 入場時に Android に表示した QRコードを Android で読み込んで、チェックしてました。いや、QRコードは紙でもいいんですけどね

基調講演

  • 東京は300人以上の参加者
  • 京都は70人以上の参加者
  • DevQuiz参加者は2113人。最高点は36.6点。あしきりは22点。プログラムは全部正解しないとダメだったらしい。以外に高い!
  • アンケートとってます。満点46点、中間値は22点。評価してね

HTML5 Overview for Web Application Developers

HTML5 Japanese IG

The Open Web Platform

  • HTML

  • CSS + Open Fonts

  • W3C DOM and browser APIs

  • JavaScript

  • SVG

  • HTTP, TLS, IRIs/URIs

    →IRIってなに? Internet Resouce Identifier の略らしい。URIの新しい呼び名
  • CSSOM って初めて聞いた。CSS 用 Object Models

Web Platform: APIs

  • ECMAScript 5
  • Geolocation
  • Device Orientation
  • File API + Drag & Drop
  • Selectors API(jQueryベース?)
  • DOM Level 3 Events
  • Element Traversal
  • XMLHttpRequest
  • Cross-Origin Resouce Sharing

Key qualities of Web Platform

  • Truly open: you choose which browser
  • Browser as application platform
  • Web apps with feature parity with desktop apps & all other app platforms
  • Accessibility: All people can use, even if vision disabilities or other disability
  • Safe: Protect your security & privacy

New books this month

  • HTML5 & API 入門
  • HTML5 マークアップガイド
  • 世界で最初の HTML5 の本だよ

HTML5 validator: Coders welcome!

「ありがとうがざいます」になってた。わざと?

ランチ

  • ここで昼食。会場で売っている弁当はすごい列になって即売り切れしたらしい。
  • 私は外に食べに行きました。糠(ぬか)鯖がしょっぱかった(涙)
  • スタバでチャイラテを頼んだら、さくらスチーマーの試飲をもらいました。スチームミルクの上にさくらの花を粉にしたものが乗っているんだけど、飲んでみたらまとめて口の中に流れ込んでむせました。飲み方を失敗した模様。

モバイルマッピング: Google Maps を利用した様々なモバイルマッピングの手法

Native API Advantages

  • Native UI
  • One language to learn, per device
  • Eays integration with your app
  • App store deicoverability
  • Lower latencey

When to use what

  • Static: 低い帯域とJS非対応ブラウザ
  • Natie App: iPhone または Android どっちか決めうち。両方はダメ
  • Browser only V3 applications: iPhone と Android と今後出るブラウザ
  • Hybrid: (見逃した!)

Static Maps API

  • encoded polylines
  • special mobile tiles
  • custom icons

Native APIs

  • iPhone MapKit
    • Objective C
    • JavaScirpt API よりちょっと非力
  • Android MapView
    • Java
    • iPhone より機能はたくさん

Hybrid

  • App Store に登録できる
  • 開発は面倒

Google Maps API V3

  • V2 より速くなったよ
  • 最初に static map を呼べばさらに速くなるよね
  • 画面サイズに合わせてコントローラーの表示が変わるよ
  • API Key がいらなくなったよ

Android のエミュレータ上で Hybrid アプリケーションの例

(つづく)

(04-16 追記)

  • コメントの指摘をもとにちょっと修正
  • 資料とビデオへのリンクを追加
カテゴリ
google google
android android
トラックバック用URL:
http://takanory.net/takalog/1214/tbping

Powered by vine linux, python, zope, plone, coreblog