パーソナルツール
現在の場所: ホーム zope 基本 Vine Linuxへのインストール
書いた本
Plone 完全活用ガイド の Chapter 1, 2, 3, 11 を執筆しました。
plone のインストール、使い方から、機能・デザインのカスタマイズ、プロダクトの作り方まで、 plone のすべてがぎゅっと詰まっている書籍になっていると思います。
plone に興味がある人から、すでに使いこなしている方まで、ぜひ読んでみてください。
Plone 完全活用ガイドのサポートページ
ナビゲーション

 
文書操作

Vine Linuxへのインストール

作成者 takanori 最終変更日時 2005年02月12日 13時05分

私がサーバ環境として普段使っている、Vine Linux 3.1にZope2.7.4をインストールして、トップページを表示するくらいまでを説明します

インストール

もともとVine Linux 3.1ではZope 2.7.4がパッケージとして配布されているので、aptコマンドでインストールします。 なお、apt-get等のaptコマンドはroot権限で実行する必要があるので、sudoを使って実行します。

# apt-get update
# apt-get install Zope Zope-zserver

Zope 2.7.4がパッケージとして配布されるようになったので、以下の打ち消し線で消してある作業は不要になりました。すでにZope 2.7.2または2.7.3をVine Linuxにインストールしていて、アップグレードしたい人は、下記のコマンドを実行してください。

# apt-get update
# apt-get upgrade

また、owaさんの 象歩 というサイトで、Zope 2.7.3 の Vine Linxux 用パッケージが置いてあります。下記の2ファイルをダウンロードして、rpmコマンドを使ってアップグレードします。

% sudo rpm -Uvh Zope-2.7.3-0vl1.i386.rpm \
    Zope-zserver-2.7.3-0vl1.i386.rpm

Zopeへアクセス

  1. Zopeトップページ

    w3mや他のWeb Browserに http://localhost:8080/ というURLを入力して、インストールしたZopeのトップページが表示されるかを確認します。 正常にインストールしてZopeが起動できていれば、Zope Quick Start 画面が表示されます。

    他のマシンからアクセスする場合は、localhost の変わりにIPアドレスや適当なマシン名を入力してください。

    Zope Quick Start

  2. Zope管理画面

    次にZopeの管理画面にアクセスします。

    Web Browserに http://localhost:8080/manage というURLを入力します。 するとパスワードの入力画面が表示されるので、ユーザ名 admin と初期パスワード 123 入力します。(パスワードはあとで必ず変更してください)

    正しくパスワードを入力すると、Zopeの管理画面が表示されます。

    Zope manage


Powered by vine linux, python, zope, plone, coreblog