パーソナルツール
現在の場所: ホーム zope 基本 データのバックアップとパック
書いた本
Plone 完全活用ガイド の Chapter 1, 2, 3, 11 を執筆しました。
plone のインストール、使い方から、機能・デザインのカスタマイズ、プロダクトの作り方まで、 plone のすべてがぎゅっと詰まっている書籍になっていると思います。
plone に興味がある人から、すでに使いこなしている方まで、ぜひ読んでみてください。
Plone 完全活用ガイドのサポートページ
ナビゲーション

 
文書操作

データのバックアップとパック

作成者 takanori 最終変更日時 2005年06月16日 10時38分

zopeのデータは放っておくとどんどん増えていきます。(undo情報が残るため)そこで、定期的にデータのパックとついでにバックアップする方法について説明します。

zopeのデータが入っている Data.fs ファイルには、変更履歴も残っていてアンドゥができるようになっています。 ただし、この情報をいつまでも残しているとデータがどんどん膨らんでしまうので、定期的に圧縮した方がいいと思います。

また、過去のデータをバックアップもした方がいいと思うので、データをまとめて Export するスクリプトを作成します。

以下のスクリプトを /etc/cron.weekly/packzodb というファイルで作成すると、週に一回実行されます。:

 cd /var/lib/zope/var
 rm root.4.zexp.gz
 mv root.3.zexp.gz root.4.zexp.gz
 mv root.2.zexp.gz root.3.zexp.gz
 mv root.1.zexp.gz root.2.zexp.gz
 mv root.zexp.gz root.1.zexp.gz
 wget -O /dev/null \
  --http-user=admin \
  --http-passwd=XXXXXXXX \
  http://localhost:8080/manage_exportObject
 mv .zexp root.zexp
 gzip root.zexp
 wget -O /dev/null \
  --http-user=admin \
  --http-passwd=XXXXXXXX \
  "http://localhost:8080/Control_Panel/Database/main/manage_pack?days:float=7"

このスクリプトの内容は以下のとおりです。

  • 1-6行目 まず、Data.fs が存在するディレクトリに移動して、過去のバックアップファイルの名前をずらします。
  • 7-10行目 http://localhost:8080/manage_exportObject にzopeの管理ユーザでアクセスし、.zexp という全データの入ったファイルを作成します。
  • 11-12行目 作成したファイルを root.zexp というファイル名に変更して圧縮します。
  • 13-16行目 7日より前の変更履歴を削除して、データをパックします。

Powered by vine linux, python, zope, plone, coreblog