パーソナルツール
現在の場所: ホーム zope 基本 pythonのライブラリインストール
書いた本
Plone 完全活用ガイド の Chapter 1, 2, 3, 11 を執筆しました。
plone のインストール、使い方から、機能・デザインのカスタマイズ、プロダクトの作り方まで、 plone のすべてがぎゅっと詰まっている書籍になっていると思います。
plone に興味がある人から、すでに使いこなしている方まで、ぜひ読んでみてください。
Plone 完全活用ガイドのサポートページ
ナビゲーション

 
文書操作

pythonのライブラリインストール

作成者 takanori 最終変更日時 2005年06月26日 13時00分

今後使う可能性の高いpythonのライブラリをインストールします。

ここでは日本語関連と、画像関連のpythonのライブラリをインストールします。

目次

ライブラリのインストール方法[install]

基本的なpythonのライブラリをインストールする方法は全て同じで。python setup.py install というコマンドを実行するのみです。

そうすると、ライブラリの生成とインストールが実行されます。ライブラリのインストール場所は Vine Linux でpython2.3を使用している場合は以下のディレクトリとなります。

  • /usr/lib/python2.3/site-packages/

日本語関連[japanese]

JapaneseCodecs[codecs]

JapaneseCodecsはUnicodeをサポートした最近のpythonに、EUC-JP、Shift_JIS、ISO-2022-JP等の日本語の文字エンコーディングを扱えるようにするためのものです。このライブラリをインストールすることにより、pythonで日本語の文字コードの変換を行なえるようになります。

PyKf[pykf]

PyKfは日本語の文字コードを相互に変換するためのライブラリです。また、JapaneseCodecsにない機能として、全角カタカナと半角カタカナの変換ができます。

kconv[kconv]

kconvも同様に日本語の文字コードを相互に変換するためのライブラリです。他のライブラリにない機能としては英数記号の全角と半角の変換、ひらがなとカタカナの変換、全角英字の大文字・小文字変換があります。

画像関連[image]

PIL[pil]

Python Imaging Libarary(PIL)は名前の通り画像を扱うライブラリです。このライブラリを使用することにより各種画像ファイルの情報取得・サイズ変更・変換等が行なえるようになります。

写真を扱うzope/ploneのプロダクトでよく利用されます。しかし、PILの画像のリサイズはちょっと処理が荒い気がするので、個人的には ImageMagick を併用することをおすすめします。(たいていのプロダクトは両方に対応しているので)

PIL 1.1.5 のインストールは下記のコマンドを実行して行います。

% python setup.py build_ext -i
% python selftest.py
% sudo python setup.py install


Powered by vine linux, python, zope, plone, coreblog